平成29年11月14日(火)~15日(水)表記の研修会が、JA福島中央会主催で開催されました。場所はJA福島教育センターで、県内3JAと連合会で15名の参加となりました。当方は2日目を受け持たせてもらいました。

【全体のながれ】
≪14日≫
1.「農業法人に関する基礎知識」JA福島中央会 高橋信一氏
2.「農業法人設立手続きについて」福島県農業会議 尾久晴紀氏
≪15日≫
3.「経営計画の策定について」農業経営支援研究所 木下

【研修内容】
1.経営計画の概要
2.収支計画の策定
3.経営計画の実践

【アンケート結果】
★総合評価
 大変良かった44%、良かった56%、普通0%、いまいち0%、悪かった0%
1.経営計画の概要
 大変良かった56%、良かった44%、普通0%、いまいち0%、悪かった0%
2.収支計画の策定
  大変良かった56%、良かった33%、普通11%、いまいち0%、悪かった0%
3.経営計画の実践
  大変良かった67%、良かった33%、普通0%、いまいち0%、悪かった0%

【研修の感想】
・経営計画の実務は、経営者目線で考えることができる機会であった。
・改めて経営計画作成の重要性が確認できた。
・研修生とともに情報の共有ができた。
・研修生と意見交換することができて良かった。(いろいろ話が聞けて良かった。)
・事例を含めて具体的な内容でわかりやすかった。
・研修で学んだことを今後の指導につないでいきたい。
・非常に参考になった。

【事業を進めるうえでのJAの課題】
・幅広い業種に携わるため、知識の習得が必要。
・集落営農の法人化に向けた手順が明確化した。
・法人に対してどこまで踏み込んで支援してよいのか?
・第2領域(重要度は高いが緊急性が低い)の課題に着眼することの重要性を確認することができた。
・地域の係わりにどうコミットできるか。
・共同防除、共同購入の推進を図っている。

 

この日はベテラン職員が多く参加され、グループワークではユニークな意見が多く出されました。今回の研修会が、今後の集落のまとめや推進に役立ったら幸いです。

最後になりましたが、事務局を務めていただいた、山田課長、高橋様大変お世話になりました。今後もどうぞよろしくお願いします。